会社別の種類カードは必要?カードは危険?ゴールドカード

発行会社別クレジットカードの種類


クレジットカードを作ろうと思うと様々な種類のものがあります。
まずできる分類は、発行会社別の分類です。
クレジットカードを発行している会社は数々ありますが、その会社もいくつかの分類ができます。
代表的なものは、銀行系クレジットカード・信販系クレジットカード・流通系クレジットカード・メーカー系クレジットカード・中小小売商団体系クレジットカード・
石油系クレジットカードです。
そしてもちろんその他の発行会社から出ているクレジットカードもたくさんあります。
ゴールドやプラチナなどのクレジットカードも有名ですね。

クレジットカードを持っていると、買い物をする際に現金を持ち歩くことなく買い物ができますし、その支払を分割にするということもできます。
そうした買い物の際の自由度を高めるという意味でも、クレジットカードを持つ意味は充分にありますが、クレジットカードの機能はそれだけではありません。
例えば、百貨店やデパート・スーパーなどが発行しているクレジットカードを作ると、それぞれの店舗で特別なサービスが受けられるといったことがあります。
具体的にはポイントがついたりとか、買い物の際に割引がきいたりとか、特典を受けられるといったことです。
そうしたお得なサービスがクレジットカードごとにありますから、クレジットカードを持つという時にはどこの会社が発行しているものにするか
きちんと選んでからにすると良いでしょう。
自分がよく使うお店やサービスを提供している会社のクレジットカードですと日常的にお得になるかもしれません。
保険の付いているクレジットカードもあります。

また、発行会社によってクレジットカードの手数料にも違いがあります。
手数料が必ずかかるけれど、その他のサービスが充実しているというところもあれば、手数料は一切無料というところもありますし、一定金額以上買い物をすると
手数料が無料といったところもあります。
クレジットカードの使い方によっては、こうした手数料の違いに注目することも必要でしょう。
自分にとって最も使い勝手が良いカードを選んで持つことが大切です。